LOG IN

「心理トリック 多湖輝」には普遍的な人間の心理が描かれていた

by itayayukari

千葉大学教授(心理学専攻)の多湖輝氏の「心理トリック」を読みました。
昭和46年に初版が発行されているので、約50年近く前に書かれた作品。
表紙の「あなたは知らずに他人のワナにはまっている!」と言うのはなんともセンセーショナルな題名ではあるのですが、読み進めてみると、心理学の王道と言うのか、心理学専攻ではなくともどこかで聞いたことのある話がチラホラ出てきます。現在の数多くの心理学の本の「原典」とでもいうのか。
1冊のベストセラーと言われる本を読んでみることで、体系的なエピソードを頭の中に構築することができました。実際に、東京オリンピックで行ったエピソードなども、2020年に東京オリンピックが予定されているからなのか、古臭く感じることがありません。電化製品やツールに変化があっても、そもそも、人間と言うのは、そんなに変化しているわけでもないなぁと感じたりします。

心理学について、ちょっと学んでみたいなぁと言う人は、1回読んでみると良いかもしれません。


itayayukari
OTHER SNAPS