LOG IN

自分で自分にかけている解けにくい魔法を溶かしに行く

by itayayukari

「自分の軸を持つ人達と、応援しあえる社会を創って行くこと。」

私自身が大切にしている世界観。

「世間のなんとなく」や「親の言語化されていない期待」に乗った20代。

そこから、自分のもやもやした気持ちを少しずつ言語化して、世界観の近い人や応援してくれる人に出会うことができて、NPOの団体を立ち上げて、沢山の想いを載せた事業を展開している。

会社を辞める話を聞いて、急いで、課長の元へ辞表届けを取り返しに行ってくれた先輩、「悔しかったら、偉くなりなさい。」と事あるごとに言ってくれていた金融時代の元上司。

自分の軸ではなく、世間の評価の「良いもの」基準だった私が、自分の軸を見直し始めると、それまでの「良いもの」がベターではあってもベストではない事に気づいてしまい、結果的には、仕事もプライベートも大きく転換する事になった。26歳で仕切り直しのイチからのスタート。

ここに至るまでに、随分、沢山の人を戸惑わせてしまったかもしれない。
「大人なのに、世間知らずだね。夢みたいな事、いつまで言っているの?」とか、「早く結婚した方が良いよ。」と言う周囲の言葉。

生意気に聞こえるかもしれないのだけれど・・・

正直、そういう風に言ってくれる人が幸せそうにも見えなかったりして。

心配してくれていることはわかるのだけれど、聞きたくないし、戦いたくもない・・・。

結果的に、そういった人を随分、遠ざけた。

その時の最善の方法はそれしかなかった、というのか。他に方法が見当たらなくて。

自分の言葉をきかせる。自分の軸を創る。

自分自身の事が信じられないような時がきても、自分以上に信じてくれる存在を近くに置いた。

まずは、「安心、安全」な居場所を安全基地を創る事に専念した。

OL時代に、一緒に働く人を選択できない事が、全てのストレスや日々の疲れの元凶になっていた。

1日の大部分、働くのであれば、何をするかよりも、誰と一緒に働くのか?を念頭に考える。

それだけは、そこだけは、譲れない。一緒に働く人が良ければ、なんとでもなるから。

仲間のためにも頑張れるし、それぞれの価値を出せるもので、事業でも仕事でも生み出したり、編み出せばいい。新規事業と言えるほど、オシャレなものではないけれど、高校時代から、祖父に事業のアイディアを出しては、顧客になってもらったり。

大学時代に飛び込み営業したり、得意なことを仕事にして生きてきていた。

そんなこんなで、いつの間にか、大好きな人達に囲まれて、働く事ができるようになっていた。

数日前に、大家さんの家に蒸し器を返しに行った時に久しぶりに2人でお茶を飲んで話をした。

「好きな人を集めて働くと言うのは、一見、ワガママなのかもしれないけれど、繊細すぎるあなたが、きちんと自分の力を出すため、生きていくため、結果を創っていくためには、最善なんだろうな。似たもの同士で、1番の協力者でもあり、時に真逆な理事長と、お互いの強みを活かしていくためにも、味方となってくれる人を周囲に配置しておいているのは、自分と言う人間をよく知っているからこその対処なんだな。」と言葉してくれた。承認の言葉。

7年程、知人なだけあって、よく知っているし、見ているなぁと思ったりしたのでした。

自分の軸を定めること、自分の世界を発現すること。

自分の想いを言語化するだけで、仕事になるし、想いに共感してくれる人に出会える時代がきた。
「言葉を獲得すること」は、「世界を創る」こと。
親や環境によって、手にしている言葉や世界観には偏りがある。

でも、大人になってから、立ち止まって、1つ1つ積み重ねて、自分のことを「これでよし」って言えるようになる。そんな機会を創りたかった。だから、提供することにした。

私がOLの時に出会って、ずっと見守ってくれていた松本真紀子さんを講師に迎えた。
2週間に1回、大阪から東京まで、きてくれることになった。

1回で、どうにかなるものではなくって、全10回の講座の中で、どんどん、自分の事を、言葉にしていく。

自分のことも詳しくなるし、一緒に参加している人のことも詳しくなる。

不安と向き合ったり、出会ったことのない自分に出会っても、そんな自分と一緒にいることのできる、自分と仲間に出会える。

人の目とか、親や人からの評価とか、怒られる不安とか、怖さから自由になれる。

自由になれる、と言うのか、「人は人で、自分は自分」と切り離せるようになる。
6月18日に初回がスタートする。

「自分に用意してあげたい日常」について考える際に、

今の自分、日々の想いを発現していこうと考えた。
自分で自分にかけている解けにくい魔法の言葉たち。

「仕事や日常を楽しんでは申し訳ないのではないか?仕事とは辛く、厳しいものではないといけないのではないか。のびのび楽しんでいたら、仕事が辛い人に、嫌な気持ちをさせてしまうのではないか?」

なんか、勝手に心配したり、申し訳ないと思っていたり、嫌われるのではないかとか、妬まれたら嫌だなぁとか。世界を信頼しきれていないこともあった。

でも、こうした申し訳なさが背景にあって、自分で自分を幸せにすることの邪魔をしているのは勿体ないし、様々な縁があって、今の生活や環境があるのだから、存分に満喫していこうと決めたの◎

自分にかけた魔法は、自分で解くと決めて、立場を取らないと、いつまでたっても、自由になれない。

決めて、行動した人だけが、見える世界があると信じて、今週末から、新たなスタートをします♪

今日、こうして、ブログをまた新たに始めたことが既にスタートかも!

ずっと、どんなテーマにしようか、どのサービスを使うことにしようか?と思いながら、できていなかったのですが、ようやく始めることができました!!

日々の気づきなどを言葉にしていければと思っています!

もっと、気軽に参加してもらえる機会として、

「自己理解のための言葉のおけいこ」の講座もスタートさせます。

自己理解から始まる 言葉のおけいこ@東京 
お申し込み受付中!ヽ(^o^)/

日時とテーマ

9月10日(日)17:30~19:30(受付 17:15~)

自分を力づける言葉 傷つける言葉

人から投げかけられた言葉には敏感な人も、自分が自分にかけている言葉には、

無防備な人は少なくありません。

かけられる言葉は変えられなくとも

自分が自分にかける言葉は自分で選べます。

自分の言葉を自分に優しい言葉へと整えに来ませんか?

9月24日(日)17:30~19:30(受付 17:15~)

自分の中で誤解しているかもしれない言葉

対話をしていて、「自分の思っている事がそのまま伝わっていない。」
と感じたことはありますか?

他者との対話によるずれを減らす方法は複数ありますが、
今回は、『自分はその言葉をどう解釈しているか』に焦点をあて、
会話のずれを減らすとともに、ずれが起きた時の対処法を準備します。

自分の中で本質(真意)とのずれを起こしているかもしれない言葉を
確認しにきませんか?

10月15日(日)17:30~19:30(受付 17:15~)

助力や協力を求める言葉

生きるという行為は、いろいろな意味で数々の力が合わさり成り立っています。また、人にはそれぞれ得手不得手があり、そうであるからこそ互いが活かされ合い、存在の実感に繋がっています。と、こんなことを頭では理解していても、「助力や協力を求める」ことを苦手としている人は少なくないようです。

自分を生きやすくし、誰かに力を生み出すかもしれない「助力や協力を求める言葉」について関心のある方、お越しになりませんか?

10月29日(日)17:30~19:30(受付 17:15~)

つい、口をついて出ている言葉

「しんどい」「疲れた」「難しい」「わからない」「でもね」「ただ」等、

使う理由が明らかではなく、なんとなく気がつくと使ってしまっている言葉、
ありますか?

あるかないかはもちろん、
何となく使っている言葉には自分では気がつきにくいものです。

逆を返し、周囲に、何かにつけ同じ言葉を使っている方はおられますか?

「しんどい」「難しい」とつぶやかれ、対応に困ったことはありますか?

理由が明らかではない言葉にどんな影響があるかを自覚し、整えませんか?

以下は、4日程共通の内容です:

参加費(当日会場にてお支払い下さい)

3,000円 (税込)

定員 6名

場所

sopa.jpオフィス そとんち

東京都 文京区小石川5−13−6 マンションマキ204
ホームページ

講師 きき屋 松本真紀子(松本コミュニケーション研究所主宰)

自分の言葉にどんな印象をもっていますか?
言葉は自分を他者とつなぐ架け橋であり、自身のコンディションを整える力を持っています。他者を気遣う言葉とともに、自身を労う言葉、自身に寄り添い力づけ励ます言葉等の準備があれば、日々の快適さはさらに高まるかと。自分のコンディションを整えに来られませんか?

主催 板谷友香里(いたやゆかり)(https://yukari-itaya.goat.me/5WjsXRUY

「言葉を獲得すること」は、「世界を創る」こと。
親や環境によって、手にしている言葉や世界観には多かれ少なかれ、偏りがあります。
言葉や観点について、立ち止まって、観察したり試したりしていく中で、自分への理解を深めることができ、「これでよし」と承認できたら、もっと世界は温かく穏やかになるのではないかと思い開催しています。

参加については下記より、お申し込みください。

https://goo.gl/MRYi7o


itayayukari
OTHER SNAPS